執事と言えば、私はまず一番に仕立ての良い燕尾服姿が浮かび、
そして次が…ヒゲです!

サービス業はヒゲNGな場合も多いので、ちょっと意外ですよね。
でも、ヒゲを生やした執事って、結構多い気がするのです。

今回はちょっとだけマニアックな話題。
ズバリ、執事のヒゲについてです!!


一言でヒゲ、といってもいろいろなイメージがありますよね。
人によっては、あまりお好きでない方もいらっしゃるかもしれません。
現代の日本では、ヒゲは剃るものという風潮が強いような気もします。

しかし海外では、ヒゲは男性らしさの象徴として、
むしろ好まれる傾向にあるのです!!
国によっては「ヒゲコンテスト」なるものまで、開催されています。
(執事に関係ないけど、これはこれでちょっと気になりますよね・笑)


もちろん無精ヒゲや、伸ばしっぱなしのヒゲは、
私も執事には似合わないと思います。

けれど…!!あえて声を大にして叫びたい…!!
しっかりと手入れされ、揃えられたヒゲは…芸術です!
特に初老執事のヒゲは、もはや必須です!!

因みに執事が活躍した19世紀のヨーロッパでは、
ヒゲを生やしたスタイルが大流行していました。
念入りにお手入れし、時に奇抜なヒゲがファッションとされたそうです。

さすがに使用人である執事が、奇抜なヒゲを生やしたりはしないでしょうが
それでも個性の一つとして、執事もヒゲを生やしたのかもしれません!
そんなことを妄想すると、ちょっとドキドキしてしまいます…!



さて、そんなヒゲの種類ですが、これも実はとっても面白いのです。

口と鼻の間に生える口髭と、
口から下の顎に生える顎鬚
頬に生える頬髯

お気づきですか!?
「ヒゲ」の漢字が全て異なることを!

上記のヒゲですが、英語ではそれぞれ異なる単語があります。
ちなみに、口ひげは「mustache(マスタッシュ)」、あごひげは「beard(ビアード)」、
ほおのひげは「whisker(ウィスカー)」と言うそうです。
日本の漢字が異なるのは、そのせいだと思います。

うーん。
執事から学べる、奥深すぎるヒゲの話…。

個人的な執事のヒゲの好みとしては、あまり広範囲には及ばず、
ほんの少しお顔のアクセントとして生えているのが理想的です。

具体的にいうと…。

白髪の執事には、綺麗に揃えたチョビ髭!
黒髪の執事や体格の良い執事には、顎鬚ですね!!

そしてまだ若いフットマンには、
「いつか自分も執事になったらヒゲを生やしたいな」
とか、思っていて欲しいです!!
(だって、若い執事にヒゲは似合わないと思うんですよね。
 若干の貫禄不足…な気がします。)

ちなみに私のもっとも好きなヒゲの執事は、
ちびまるこちゃんの「ヒデじい」です

私の勝手な好みではございますが、
きっと共感してくれる方はいると信じています…!!
(そんな方、ぜひ朝まで語り合いましょう♪)


さて、今回は執事のヒゲについてでしたが、
いやぁヒゲはあんまり好きじゃないな…と思っている方も、
ぜひこの機会に観察してみて下さい!!

ヒゲを生やした外国人の執事が、ビシッと燕尾服を着こなした写真を見ると、
それだけでもう恋に落ちてしまいそうになりますよ!!
(ここ、若干に日本人ではなく、外国人を連想してしまいますけどね・笑)