めくるめく執事の世界を調査している内に、
私、実は気付いてしまったことがございます。

そう、執事服の種類について!!

執事の服は燕尾服が定番ですが、
その燕尾服も勤め先によって微妙に形が違うのです。
そのことに気付いてしまったからには、
もう詳しく調査するしかありませんよね!

今回は執事のお洋服について!
勝手に語らせていただきます。

そもそも執事が着る服は、燕尾服が象徴のようなイメージでしたが、
決まった形がある訳ではありません。

19世紀の英国では、女性使用人は自分でメイド服を用意したそうですが、
男性使用人である執事は執事服をお屋敷から支給されたそうです。

つまりお屋敷の主人が、執事の服を自由に決めていたのです!
(というか、メイド服自前にもビックリしましたけど・笑)

それ故に、過去の執事の画像やイラストを見比べてみると、
同じデザインの服は全くありません!!
お屋敷の主人の好みが色濃く反映されています。

さらにそこから執事やフットマン等の役職によって服が変わったりもするので、
経験の浅い使用人は、上役の執事や家令の服に憧れを持っていたようです。

務めるお屋敷によって服のデザインが違ったという事は、
もしかして執事希望の男性の間で
「あそこの屋敷の服はカッコいいぞ」みたいな話とか、
していたのかしらと妄想広がります(ニヤリ)。


さて、そんな執事服ですが、やっぱりベースとなるスタイルはあります。
スーツの下にシャツとベスト、ズボン、ネクタイが基本のパターンです。
これは19世紀の英国執事はもちろん、現代の執事喫茶も同じです。

現代のお屋敷に勤めている執事と言えば、
やはり雇い主である主人の意向によって
燕尾服を着ている場合もあれば、普通のスーツの場合もあるようです。

どちらにしろ、使用人として主人より目立たず、
しかし人前に立っても恥ずかしくないような
仕立ての良いフォーマル服を採用している場合がほとんどです。

ご参考までにですが、
英国王室にお勤めする執事は、
王道の燕尾服ですよ!!


さて、ここからはさらに細かく、服の違いについて語っていきます。
燕尾服が…、デザインが…っていうけれど、
じゃあ具体的にどこがちがうの!?
と思いますよね。男性のフォーマルなんて、詳しい方のほうが少ないと思います。

ズバリ、一番わかりやすいのは胸元です。
胸元を飾るものが、ネクタイなのか、スカーフなのか、棒タイなのか。
ここで何を選択するのかによって、印象はかなり違ってきます。

わかりやすい例で言えば、
池袋の執事喫茶「スワロウテイル」のフットマンは、
胸もとにリボンを付けています。
それもかなり長めの紺のリボンです。
歩くたびにリボンがヒラヒラとはためくので、
訪れた人の視線を集めやすいですし、
柔らかくて優雅なイメージです。

彼らは給仕という仕事に加え、
訪れた人々に視覚的に満足してもらう役割も担っています。
恐らく見られることを考慮して、
このデザインが採用されているのではないでしょうか。

またオランダにある執事養成学校では、執事は全員ネクタイを締めています。
こちらは執事としての技能を身に着ける学校です。
その為、動き回っても邪魔にならず、
ベストの中にしまうことが出来るネクタイが採用されていると推測できます。

他にも、燕尾服のしっぽの部分が丸くカットされているか、
燕のように鋭く二本に別れているか。
ベストに襟は付いているか、ポケットのデザインはどうなっているか、
袖口のボタンの数、布の素材…等々。

細かく観察してみると、実はかなりの種類があり、
むしろ全く同じデザインの執事服など存在しないのです!

そしてさらに役職によって、支給される服が変わります。

例えばドアマンや従者は外にいることが多いためコートが支給されますし、
家令等の役職が高い使用人は、ひと目でそうと分かるように
主人と同レベルのより良い質やデザインの服を着ていたそうです。


っと使用人の人数が多い家では、
たくさんの種類の執事服を見ることが出来たのでしょうね…!!
超羨ましい…。

ふっふっふ、実は同じようにたくさんの種類の執事服を、
現代でも楽しむことが可能です!

例えば先程の例に出した執事喫茶のスワロウテイルでは、
働くフットマンの中に役職が存在するので、
執事服の違いを観察することが出来ます。
フットマンの上の、執事と呼ばれるスタッフの服装も全然異なります。

私はまだ執事喫茶の常連…とまではいってないのですが
胸元のリボンの結び方が違うとか、小物にこだわりを持っているとか
フットマンごとにこだわりとかあるのかも知れないです。
(発見したら、またお知らせします!)

ぱっと見ただけではただの燕尾服ですが、
実はよくよく観察してみると、
面白いこだわりやセンスを感じることが出来るかもしれませんよ。
気になった方はぜひ、比較検証をしてみて下さいね!

あとは個人的な夢として、
女性執事の需要が高まりつつある現代ですから
いつかは女性用のオシャレな執事服が誕生するのではないかと、
思っているんですよね。
男性用をリメイクというよりは、やはり女性執事ならでは!という感じの
かっこいい&オシャレな女性執事服が登場したら
やっぱり購入しちゃうかも♪ですよね。

黒い燕尾服。主人の為に働く姿。お屋敷を陰から支える存在。
そんな執事と言うお仕事に、密かに憧れを抱いちゃいますよね!?

英国の屋敷に勤める執事はもちろん、日本の執事喫茶で働く執事も素敵!!

今回は、そんな執事と言う仕事に就くにはどうしたら良いかを
超真面目に語ってみたいと思います。


まず、いわゆるお屋敷に勤める執事を目指す場合です。

本場イギリスの王室や、
昔ながらの伝統を守り続けている貴族のお屋敷に勤めたいと言うと、
それは非常に狭く、厳しい道のりになるでしょう。

しかし、可能性が全くないわけではありません!!

実は、英国王室は定期的に執事の募集を行っています!
勤務地はバッキンガム宮殿が基本だそうで、時には他の宮殿や、
王族ゆかりの地に出張もある様子。
職種はまず研究生執事として採用され、研修を経て正式採用になります。

外国人の応募はもちろん可能!
ですが、当然英語は必須です。
残念ながら過去に日本人が採用された例はないようですが、
初の英国王室日本人執事誕生!も夢ではありません。

そして、どこまでを執事とするかは人によって違うと思いますが、
現在は中東や中国の個人家庭で執事の需要が増えています。
こちらは個人の資産家が自宅の管理を含め、
執事に秘書的な役割を求めているケースが多いようです。
仕事内容は雇い先によりますが、やはり英語が話せるのが必須のようです。


では具体的にお屋敷に勤める執事になるためには、どんな経験が必要なのか…。

個人的にオススメしたいのは、ホテルでの業務経験です。
レストランにおけるウエイターの仕事は、執事の給仕に近いものがあると思いませんか?またフロントスタッフやベルボーイは、お客様をよく見ていないとできない仕事です。
キャリアを積むうちに、細かい気配りや立ち振る舞いが身に付くことでしょう。

しかも、日本人のおもてなしの心や、
日本のホテルサービスは海外でもかなり高く評価されています。
国内のホテルで学んだ経験は、きっと強い武器になるはずです!

いやいや、もっと実践的に執事のことを勉強したいという人には、
オランダの執事養成学校に入学するという手があります。

この学校…名前の通り、プロの執事を育てるための専門学校なのです!!

そんな学校があるのかと、私も初めて聞いた時はかなり驚いたのですが、
調べてみるとかなり本格的で厳しいカリキュラムが組まれていました。

因みに過去の卒業生の中には日本人もいらっしゃるようで、
卒業後は英国王室や資産家の執事の他、ホテルや高級レストランなど就職先は数多です。

語学力に自信があり、「必ず将来は執事になる!」という強い決意がある方におすすめです。


さて次は、日本の執事喫茶に勤める場合です。

こちらは当然、執事喫茶の求人に応募して採用されれば働くことが出来ます。
しかし、ただの喫茶スタッフとは異なり、
あくまでも執事ですから、やはり狭き門と言えるでしょう。

特に池袋にある執事喫茶の老舗「スワロウテイル」は人気があるため倍率も高く、
採用されてからの研修でもかなり厳しく教育されるようです。

ではどんな人が採用されるのか!?

こちらは謎に包まれています。

ただ実際にスワロウテイルを利用した印象から推測すると、
丁寧で清潔感のある人が求められている気がします。

ホールで働く方々は、特別スタイルが良いとかイケメンと言うよりも、
穏やかで優しそうな雰囲気の方が多く、
誰と話しても非常ににこやかに対応して頂きました。
確かにイメージの中の執事って、穏やかで優しくて、忠実な感じがしますよね。

言葉遣いや立ち振る舞いは最初から身についているに越したことはありませんが、
きちんと教育を設けている店舗であれば、
採用されてからしっかりと教え込まれるはずです。
(むしろ採用されてからの方が厳しいという噂もちらほら耳にします…!)

採用への近道は、まず気になる店舗を利用してみて、どこが自分の雰囲気に合っているか、どんな執事になりたいかを事前にリサーチすることだと思います。

因みに「若い女の子が来るような場所だから、やっぱり若い方が良いのかな…。もう自分はそんなに若くないしな…」とお思いの方。案ずる事なかれ!!

執事喫茶の求人は10代、20代の若い男性のみではありません。
むしろ落ち着いた雰囲気の大人の男性を求める店舗は意外に多いのです。

実際に、定年後に執事喫茶に応募して採用され、
週に数日アルバイトをしている男性の話を耳にしたことがあります!!

なんちゃって執事喫茶ではなく、本格的な執事喫茶はイメージを大切にします。
おそらく19世紀の英国執事がそうであったように、
人生経験豊富な大人の男性が持つ安心感を、お店に取り入れたいのではないでしょうか。

つまり、人生でいろんな経験を積んで、酸いも甘いもかみ分けた、
大人の魅力あふれる熟練男性の方が、もしかしたら採用される可能性が高いかも!?
もし今、執事喫茶の求人に挑戦し残念ながら不採用になってしまったとしても、
経験を積んで再挑戦することも可能という事です。

さて、私としてはかなり真剣に執事になる方法を語ってしまいました。
参考になったでしょうか…。

意外と奥深い執事の世界。そして種類。
興味がある方はぜひチャレンジしてくださいね!

(実は私も、執事のいる大きなお屋敷に勤める野望を秘めているのです…。
メイドになって、毎日執事を眺めながらお掃除したり、
時には御用を言いつけられたリするのが夢なのです♪)

執事喫茶に行ったことはありますか??

「常連だよ!」という方
「興味はあるけどまだ…」という方
「えっ、何それ?」という方

いろいろな方がいらっしゃるとは思いますが、あえて皆様に叫んでみようと思います

執事喫茶のアルバイトって、実際どうなの~~~~~~!?

気になりませんか!?
私は気になります!
とっても気になります!!

何となく華やかな印象はありますが、執事募集なんて求人は見た記憶もなく
詳しい内容や実態は、謎に包まれていますよね?

謎が多い程、興味は湧いてしまうもの。

今回は執事喫茶のバイトの実態について、ネットで調べてみました!!

某有名執事喫茶が、フットマンの求人を募集していましたので見てみます。

■仕事内容
・燕尾服を身にまとい、接客・給仕をして頂きます。
・お客様1人1人と対面し、心から喜んでもらえるよう居心地の良さを演出して下さい。


■応募資格
・男性のみ

執事喫茶での執事のお仕事…と言うと、特別なイメージが湧きがちですが、
その内容は簡単に言ってしまうと飲食店の従業員です。

よって、アルバイトの仕事内容も、お客様を席へ案内して注文を取り、
食事や飲みもの等の提供が中心です。
立ち仕事ですので、華やかな印象の反面、体力勝負な部分もあるでしょう。

執事喫茶が普通の喫茶店と違うのは、店員は執事(フットマン)
お客様はお屋敷に帰って来たご主人様、と言うように、
コンセプトに基づいて営業されている点です。

よって「いらっしゃいませ=おかえりなさいませ」
「ありがとうございました=いってらっしゃいませ」
などの独特の挨拶やルールを守りながら、仕事をこなさなければなりません。

このコンセプトを理解出来ない人や、
執事になり切ってお客様を楽しませる自信がない人は、
執事喫茶での勤務は難しいでしょう。
逆に何かになり切るのが得意な役者タイプの方や、
人を楽しませるのが好きな方は、ぜひ挑戦してみて欲しいと思います!!

お客様も、お嬢様・旦那様になり切ってやってきます。
(たまに私の様になり切れずモジモジしている人もいます)
当然お客様も執事喫茶と言うコンセプトを求めてやって来るのですから、
普通の飲食店では聞かれないような質問をされることもあるでしょう。

そんな方々を相手に、執事になり切って対応するのは、
何より好きでないと出来ないお仕事だと思います。

さて、そんな執事喫茶の時給についてです。
こちらは店舗によりけりですが、研修期間中は1000円前後、
研修が終了するとそこからプラス100~200円昇給…というのが一般的です。
結構時給高いですよね。

条件は週に3日以上、特に土日は必須のところが多く、
飲食店の勤務経験や外国人のお客様も多いことから
日常英会話のスキルは歓迎されるようです。

たくさんシフトに貢献出来る、または何かしらのスキルがあれば
積極的にアピールすると、採用される確率がアップするかもしれません!

因みに、大手の執事喫茶だとアルバイトだけでなく、
正社員の募集もありました。

正社員であれば、職業の欄に「執事」って書いても良いのでは…と
ちょっと個人的に思ってしまいます。

採用も当然厳しくなることが予想されますが、執事喫茶についてより深く関わりたい方や執事喫茶の経営に興味がある方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。


また、執事喫茶の老舗「スワロウテイル」なら、ギフトショップや、パティスリーも運営しています。


DSC_1114

スワロウテイルのギフトショップの写真です。
こちらでは、販売を行うのも執事のお仕事です。

なので、執事のほかに、シェフパティシエ、運転手、紅茶などを管理する家事係を募集している店舗もあります。
自分が執事になるのはちょっと恥ずかしいけれど、執事のいる空間で働きたいという方には、自分の特技も生かしつつ働ける、まさにぴったりなお仕事かもしれません。


最後に、女性の皆さまへ。

執事喫茶のホールは、執事ですから男性であることが採用の大前提!
どんなに執事が好きでも、執事になりたいと思っていても、
性別の壁を超えることは容易ではありません。男装はきっとすぐばれます。
私もそんな壁に泣いている人の一人です。

しかし、執事喫茶で働きたい!…というなら実現は可能です!!

というのも、お客様から見えるホールの仕事は男性のみですが、
本物の執事のいるお屋敷にメイドがいるように、
裏方の仕事は性別問わずの場合が多いのです。

例えばスワロウテイルは、洗い場や事務の仕事も募集しています。
そしてその募集要項には女性OKとしっかり記載されていました!!

もちろんバイトとはいえお仕事なので、
執事に見とれて自分の仕事がおろそかになってはいけませんが、
同じ空間で働く執事を見放題です。
執事と友達になることだってできるのです!

さらに、執事喫茶のバイト募集で女性OKなマニアック役職だと、
40歳以上の女性限定のばあや募集
なんていう求人を出している店舗も発見しました!

ここまで来ると本気で募集しているのか、
ネタで掲載しているだけなのか分かりませんが、
一応メールフォームは機能していました…!!
(私は危うく応募ボタン押す所でした。年齢が40歳にはまだまだ?遠いのですよ…)

執事好きな女子の方々、ぜひ検討してみては如何でしょう!?

(そして採用された際、ぜひこのブログへご報告を!執事との飲み会をぜひ開催してください。いつでも、どこでも、何時でも行きます!よろしくお願いします)

↑このページのトップヘ