執事を含め、英国のお屋敷に勤めていたという使用人たち。
大きなお屋敷では、その仕事内容は細分化され、
実はさまざまな階級役職がありました。

現在は「執事=男性使用人」のイメージが強いですが、
この使用人の中の役職を詳しく知っていくと、とても面白いですよ!!
いろいろな妄想が膨らむこと間違いナシ!!

今回は男性使用人の役職について、詳しくお話しようと思います。



実は、執事がお屋敷のトップのようなイメージの方が多いと思いますが
使用人のトップは家令と言います。
何だかもう、家令という単語が既にカッコいいですよね…!!
この役職はハウススチュワードとも呼ばれ、お屋敷の中の使用人の管理を行います。
また、使用人の採用などの人事、経費や帳簿の管理なども行ったそうです。
家令は特に大きなお屋敷にしかいなかったと言われ、経験豊富な男性が就いたそうです。


続いて、グルーム・オブ・チェンバーズです。
ちょっと聞きなれない言葉ですよね。
この役職は来客の対応と、玄関や応接間などの美化に勤めます。
主人を訪ねて来た客人を案内し、客人が利用する備品の管理・補充などが主な仕事です。
すごい…!お客様の為の役職があるなんで…!!
さすが貴族、きっと一日に様々な方が訪ねて来たんだろうな、と想像してしまいました!


さあ、お待たせいたしました!!
ここで執事の登場です。彼等はバトラーとも呼ばれます。
執事はこの後に紹介する、フットマンの上役にあたります。
フットマンたちは経験を積んで、ゆくゆくは執事になるのです。
よって執事はフットマンを従え、酒類・銀食器の管理や、食卓の給仕を行います。
家令のいない家だと、執事が家令を兼任することもあったそうです。

フットマンの上役という位置なので、
執事の役職に就く人は優秀だったんだろうなぁ、と思いながら調べていると、
面白いエピソードを発見してしまいました!

お酒を管理している執事が、ワインの品質を確かめるため味見をしたところ、
そのまま全部飲み切って酔っ払い、後で主人から厳しいお叱りを受けたとか…。
完璧なイメージが強いだけに、執事の失敗エピソードがあるなんて、
不謹慎ながら大喜びしてしまいました♪


さて、次はフットマンです。
いわゆる執事の卵で、仕事は客人の対応や主人の外出の付き添い、そして食卓での給仕です。
また時間があると、常に銀食器を磨いているようです。
銀食器を磨く際に使用するのは、「ルージュ」と呼ばれる酸化鉄の粉末です。
これを指に付けて磨くため、慣れるまでは水ぶくれとの戦いだそうです。
新人フットマンの手は柔らかく水ぶくれがある手、
ベテランフットマンや執事の手は硬い手だったと言われています。
もしや執事が白い手袋を常にしているのは、
この手を隠すためなのでは!?
因みに、大きなお屋敷だと、第一フットマン、下級フットマンなど、
フットマンの中にさらに階級があり、仕事ぶりで昇進するそうです。


次は、従者です。こちらはヴァレットとも呼ばれ、男性主人の個人付使用人です。
主人の身の回りのお世話はもちろん、外出時の付き添い、旅行にも同行しました。
主人の荷物の管理も彼らが行った為、オシャレで衣装をたくさん持っている主人だとかなり大変だったようです。
たくさんのスーツケースを運ぶ従者…何だか、想像できますね…。


さて、私が最後は個人的に執事の次に好きな役職ホールボーイです。
実は、使用人としてのキャリアはここから始まるのです!!
ホールボーイは、10歳程の若い少年がなる使用人見習いで、
力仕事などの雑用を行っていました。
(決して私はショタではありませんよ。念のため!)
ただ一番やんちゃな時期の男の子です。
年齢によっては学校に通わせながらお仕事をします。
けれどまだ幼さの残る少年が、一生懸命働いている姿は微笑ましいですよね。
ここで修業を積んで、彼等もやがてフットマン、執事へと昇進して行くのです。


また、男性使用人がいない小さなお屋敷の場合は、
女性のメイドがこれらの仕事を一手に引き受けてています。

因みに余談ですが、現在は男性の方が多いお料理を作るシェフは、
この時代ではキッチンメイドと呼ばれる女性使用人が担当していたことが多いようです。

それぞれ役職を紹介しましたが、使用人の配置に決まりはありません。
お屋敷の全てのルールは、主人によって変わります!!
どのくらい使用人を雇っていたか。
どの役職が置かれていたか。
こんな大きなお屋敷なのに、家令がおらず執事しかいない…なんて知ると
実はこの屋敷の主人ったら、めっちゃワンマンの強欲親父では?とか
そこから屋敷の経済状況や主人の人柄が想像できるので面白いですよね


本物の執事になりたい!!

…と、真剣にお考えのあなた!
朗報です。
プロの執事を育てるための、執事専門学校なるものが存在します。

ええええぇぇそんなものが!?
私も初めて目にした時は驚きのあまり叫んでしまいました。
興味深い反面、どことなく漂う怪しい香り…。

まるで自分がこれから入学するかのように
しっかりと調べてみましたので、興味のある方必見です!


さて、そもそも執事専門学校とは、どこにあるのか?
実は、日本ではありません。
正式名称を「国際執事アカデミー(The International Butler Academy)」といい、
オランダの古城が改築されて校舎になっています。素敵!!

このオランダの学校が最高峰ですが、
執事の専門学校自体はアメリカやイギリスにも存在しており、
他にも支部や、定期的な研修が行われる国もあるそうです。
今のところ日本に学校はありません…が、ご安心ください。

オランダの国際執事アカデミー、日本人の入学も可能です!!
過去に日本人も在籍しており、卒業・就職を果たしております。

しかもですね!!!!
女性も入学できます!!

現代では、女性主人の傍で身の回りの世話を出来る、女性執事の需要も高まっているそうです。実際に国際執事アカデミーに入学する生徒の25%が女性とのこと。

執事は男性の仕事…と諦める時代は終わりました。
学内では燕尾服を着こなした女性執事(先生)が、背筋を伸ばして微笑んでいますよ!



では実際の授業内容はどうなっているのでしょうか。

オランダの国際執事アカデミーの場合ですが、
まず校舎は、14世紀の本物の古城です。
(学校の中になぜか教会があるので、結婚式が行われたりもします)
ここで執事になる教育を、8週間に渡って学びます。
約2カ月の期間、パッと聞くだけではなんだか短い?という印象ですが、
在学期間中は学校から徒歩15分の場所にある寮で生活し、
起床から就寝までのタイムスケジュールも決まっています。
となると、2カ月みっちりな感じなので、授業を受ける身としては長いのでしょう。

そして執事になるためのカリキュラムですが、こちらもとっても面白い!!
まず基本的な身だしなみや執事としての礼儀とたしなみを学び、
ステップアップして給仕方法やリネン類の管理、
そしてなんとお裁縫やペットのお世話まで授業内容に含まれています!!
あれ?執事ったら花嫁修業のような…。
いやいや、執事は何事も完璧にできなくてはいけないのです。

これらの授業を終えて卒業すると、実は就職先は引く手数多。
卒業生はプロの執事として英国王室や資産家はもちろん、
高級ホテルや高級レストランに就職しています。


さて、それでは実際に入学するためには、何か必要でしょうか。
ズバリ、まずは英語です!!
授業は当然、全て英語で行われます。
まずは最低でも、授業について行けるだけの語学力を身に着けましょう。
焦ることはありません。
国際執事アカデミーの入学条件に年齢制限はありません。
最年少は18歳、最年長はなんと68歳だそうです。
せっかく異国の地で憧れの執事になるべく授業を受けるのです。
一言一句聞き逃さないくらいの語学力とやる気を持って、授業に臨みましょう!!



そして次に気になるのは、やはり学費の問題。

全寮制で8週間の学費は、なんと日本円で、約180万円です。
ひゃくはちじゅ…!えーと、ええーと、もちろん計算しましたとも!
8週間は56日。全くお休みが無いと計算して、1日約3万3000円ですよ。
あれ、お安い・・・・・・・・・・嘘です。
あまりの高額にしばらく頭がショートしましたが、
一流の執事を目指すなら、高くはないという金額なのかもしれません。

またこの金額の中には、学校オリジナルのオーダーメイドの燕尾服、白手袋、懐中時計、エプロン、傘、ボトルオープナー、野球帽など、学校生活で必要な用具一式や、宿泊料と食費なども含まれています。
(執事に燕尾服と手袋、懐中時計などは分かるけど、野球帽も必須?…なのですね。)

あと、食事はミシュランの星を獲得したシェフが1日3食、お休みの日も作ってくれるので、それを食べれます。温かいおやつに冷たいおやつ、果物や夜食にピザなども用意されているそうです。
この学費を納めれば、取りあえず在学中の出費は心配なさそうです。

さらに、空港や駅からの送迎交通費や、オランダへのエコノミークラスの往復料金は、最高半額まで負担してくれる…というか、学費の中に含まれています。

しかも、どうしようかな…なんて悩んでいる場合、昼食や夕食に同席して半日ほどの体験入学をすることもできます。


さて、執事を育てる執事専門学校、入る気になりました?
決して容易ではありませんが、現代の執事を目指すのならば一番の近道かもしれません。

何よりこちらの国際執事アカデミーの執事服がかっこ良くてですね…!!
もう色々と写真を見ながら身もだえてしまいました!!
因みに、女性も同じ服を着られますよ。
女性執事、需要が高まっているそうなので、今がチャンスですよ!

突然ですが、「執事」は好きですか!?

私は大好きです!

大きなお屋敷に勤める使用人、仕立ての良さそうな黒い燕尾服を着た男の人、
テレビやインターネットで目にする執事喫茶で働く人…。
人によって抱くイメージは様々だと思います。

その一方で、そもそも執事って一体何者なのか、
具体的にどんな仕事をしていたのか、現代も存在する職業なのか…。
何となくぼんやりとしたイメージは湧くものの、
本質的な部分は謎に包まれていると言っても過言ではありません。

今回は本場イギリスで活躍してきた執事の歴史とその仕事内容について
いろいろと文献を読み漁って参りました!!
ここでぜひ、ご披露したいと思います。


執事とは、ざっくり言ってしまうと屋敷などで働く男性の使用人です。
その中の「バトラー」を呼ばれる人が、いわゆる執事と言われる職業にあたります。
イメージ的には「貴族の大きなお屋敷で働く、その中でもちょっと偉い男の人」ですね。

執事を含めた男性使用人が多く雇われ、活躍したのは19世紀のイギリスです。
もちろん19世紀以前からも貴族が使用人を雇う文化はありましたが、
より現代のイメージに近く、屋敷での仕事が細分化され、
執事と呼ばれる役職が生まれたのはこの時代です。

大きなお屋敷を守る使用人たちに、
屋敷を取り仕切りながら主人を陰で支える忠実な執事…。
そんな英国の使用人文化に魅せられた現代人は、きっと私だけではないはず…!!

しかも、比較的低賃金で雇うことが出来た女性従業員(メイド)に対し、
執事は貴族の中でもさらに限られた資産のある家しか雇うことが出来なかったそうです。
つまり、執事がいるということが、その家のステータスなのです!

それ故に使用人の仕事内容や階級は、勤める屋敷によって様々です。

男女問わず使用人を多く雇い入れている大きなお屋敷だと、
仕事内容や役職が細かく分けられていました。
一方で使用人が少ないお屋敷では、一人一人が手広く仕事をこなします。


それでは19世紀の執事たちはどのような仕事をしていたのでしょうか?

執事は英語でバトラーと言います。
いくつかの階級がある男性使用人の中で最上級の職種であり、
ワインをはじめとする酒類の管理、銀食器の管理、
食事や晩さん会の給仕などを担当します。

ちなみに、男性の使用人の階級はハウス・スチュワード(家令)が最上級で、
その下がバトラーです。
バトラーに下に、フットマンや従者と呼ばれる人たちがいます。

当時お酒や銀は貴重なものだった為、それらを一手に管理・手入れをし、
主人に提供するのが執事の主な仕事でした。
優秀な執事は、帳簿や伝票の整理、屋敷の使用人の人事なども担当していたようです。

実はお客様の客の対応や主人のお世話、外出の付き添いなどは、
実はフットマン従者と呼ばれる男性使用人が行う場合が多かったようです。
でも小さなお屋敷だと、すべてを執事が一人で行ったり、区分けが曖昧になります。

そして時代が変わった現在も、執事という仕事は存在します!!

但し、執事の雇用は大きく2種類に分けられます。
まず一つは、資産家などの大きな屋敷に勤める執事です。
19世紀のままというわけではありませんが、現代でもイギリス王室や資産家が雇用しています。家の中の管理に加え、雇用主の秘書的な役割も求められるようです。

しかも執事が発祥したイギリスばかりでなく、国外の需要も増えており、プロの執事を育てる執事養成学校も存在するんですよ!

もう一つは執事喫茶で執事として働くことです。
現代のニーズに沿った形で、古き良き英国の雰囲気を味わってもらう仕事であり、あくまでも執事をコンセプトにした喫茶なので、来店したお客様をお屋敷に帰って来た主人やお嬢様という設定でもてなしてくれます。

訪れる執事喫茶店によって細かいコンセプトの違いはありますが、
上品で優雅なひと時を堪能出来ることでしょう。
何よりですね!働いている執事の皆さんがとてもとても!素敵なので!!気になる方はぜひぜひ、チェックしてみて下さい!!(大興奮)


19世紀の執事は、屋敷や主人である貴族を陰から支える存在です。
現在こそサブカルチャーの陰響を受けて注目を浴びていますが、
実際の19世紀の執事たちはほとんど表の舞台に姿を現しません。
しかしながら、黒い服に身を包み、主人に仕えて大きなお屋敷で働くイメージは、
どこか華やかで魅力的ですよね!

主人を陰で支える、英国の使用人としての伝統的な正統派執事…。
お客様を楽しませてくれる、現代の執事喫茶で働く身近な執事…。

皆さんはどちらがお好きですか?
私?私は…どちらも大好きなので選べません!!

↑このページのトップヘ